廃村寸前の村に住む郷土愛が強すぎる牝女は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


(雑用エリクサー)
「お願い、私を抱いてほしいの…」
隔絶した村…男ヶ捨離村(だんがしゃりむら)に
教師として引っ越してきたその日の晩に起きた事…
それはこの村の村長、菖蒲さんの夜這いだった。

現在この村には様々な理由から男性が出て行ってしまい、
この村に戻ってくるつもりもない者が殆どだという。
そしてこの村はこのまま人口が減り続けてしまうと、
いずれは無くなってしまう廃村寸前の村だったのだ。

ここにいるのは村を愛し 村を出ていく勇気がない女性ばかり…
本来なら諦める所なのだろう…諦めなければいけないのだろう。
しかしこの村の女性は一味違った。

最後の希望として村に現れた男。
廃村回避の為、男は郷土愛に溢れた女性たちから誘惑され続ける!
郷土愛が強い女性は性欲も強かった!?
夜這いや通い妻、授業中、買い物中だろうが種付け着床全くお構いなし!!!

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。