セクフレ幼馴染 ~処女と童貞は恥ずかしいってみんなが言うから~ ORCSOFT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「意外とさ、あんな風にさらっと付き合っちゃうもんなのね」
「ま、告ってからの関係のが長いワケだしな。はじめは気軽にってことだろ? 試してみて、ダメなら次だ」
「おお、おお、大いに語りますなあ。童貞男子クン♪」
「うっせ。お前だって処女だろうが」
「処女は資産。童貞はリスク」
「男女平等の思想に反しとる」
「にひひひひひひ♪」

そうなのだ。
学生という、常にイベントに飢えている生き物の習性として、今日はめでたく一組のカップルが成立した。
そしてそれはもちろんあなたと志穂──ではない。くっついたのは、男側の主催者と女側の主催者だ。
何のことは無い。一対一の緊張感をまぎらわせるために何やかや理由をつけて知り合いを呼んで巻き込んだ、
半ば出来レース感のあるイベントだったのだ。他の参加者は良い面の皮である。

「……あいつら、あのあとすぐセックスすんのかな」
「おい、やめろ。同級生の性事情を赤裸々に妄想するな」
「だって、あのあたりラブホ幾つもあるし」
「……お前、利用する機会も無いのにラブホの場所覚えてんのか」
「……あんただって使うアテの無いコンドーム財布に入れてるでしょうが」
「ばっ! ちっ、ちげーし! これは金運アップのアイテムだっつーの、親戚のオジサンに教えてもらったんだっつーの!」
「あんた親戚付き合いもうちょっと考えたほうが良いよ」
呆れたように言ったあと、志穂はあなたのことをじっと見る。
「処女と童貞は恥ずかしいって、みんなが言うんだよね」
「なんだ。女同士でもそういう話になるんだな」
「まあね」
さらりと言ったあと、志穂はあなたを上目遣いに見つめる。物言いたげな瞳で。
言おうかな、やめようかな、そんな迷いの見える視線を訝しみながら受け止めるあなたに、志穂は続けた。

「──あたしたちもしよっか。セックス」

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。