【必見】君の涙の理由を俺はまだ知らない。 – スルメニウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「小柄な君が 誰よりも練習に励む姿が キラキラしてて…」
その言葉を聞いた時、この日のためにサッカーを続けてきたんだって思った。

レギュラーを決める重要な練習試合が1ヶ月後に迫っていた。
女遊びばかりしているあいつには絶対に負けたくなかったから
1ヶ月間、恋人との時間を減らして、サッカーに集中することにしたんだ。

ある日、恋人の二葉の様子がどこかおかしくて……
だけど何でも無いという彼女を俺はそっとしておいた。
それから数日後、二葉はいつもどおりになって、俺はサッカーに没頭した。

俺が誰よりも二葉を見ていなきゃいけなかったのに。
二葉が辛い時は俺が寄り添わなきゃいけなかったのに。
彼女が抱える問題を見抜き、彼女を支えたのは、あいつだった――

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。