花は散るまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


(こくだかや)

クラスでも空気のような存在の僕は、ある日突然憧れの的に告白された。
何かの間違いだと思っていたけれど彼女は優しく微笑んで僕の不安を溶かしてくれた。
彼女との日々は夢のようだった。
僕が彼女の後を尾けたあの日までは。

・総ページ数34/モノクロ漫画です。

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。