初めての女は隣の人妻でした – RED Paprika (赤P)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

立里(たてり)は地方から上京して一人暮らしをしている男子大学生。
おとなりの奥さんは世話好きな人で、子供がいないせいもあってか
食事の心配をしてくれるなど、なにかと彼の面倒を見てくれていた。
そして成熟した大人の女性である彼女は、童貞の彼にとってあこがれの存在でもあった。

その日も、奥さんはいつものように作りすぎたおでんを持ってきてくれた。
彼女が帰った直後、強風に気づいた立里は、洗濯物を取りこむためべランダへ出る。
すると足元には、風で飛ばされてきた奥さんのブラジャーが落ちていたのだ!

その夜、壁の向こうから聞こえてくるおとなりさん夫婦の営みの声に、立里は寝つけずにいた。
むらむらした彼は、昼間に拾った奥さんのブラジャーで、ついオナニーをしてしまう。

射精後、精液にまみれたブラジャーを見て冷静になった立里。
「やっぱ…返さないとダメだよな…」
翌日、意を決しておとなりの呼び鈴を押す立里だったが…。

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。