【ヤバい】エルフの末路~処女から娼婦堕ちする200年間~ やまなし娘。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『出してぇっ中にいっぱい出してぇっ…奥にもっと注いでぇっ』
エルフの住む里は、食料危機に陥っていた…。
この危機を脱するために、一人の娘を人間に売ったエルフたち。
純粋培養されてきたエルフの生娘が人間に売られたらどうなるか…エルフには分からなくても、皆さんは分かりますよね?

性知識0の巨乳清純エルフは、味見と称した商人に、処女を散らされます。
産まれて初めての、男性器を、初モノらしくきつく締めていく処女マ●コに大量中出し。
使えるマ●コだと確認されたエルフは、翌日から娼婦として働かされます。
まだ馴染み切っていないマ●コと、お口を次々と使われていくエルフ。
どんなに嫌がっても、次々と使われていくことで、男を悦ばせる道具だということを少しずつ…少しずつ身体は自覚していきます。

寝ている間も、娼館に売られている彼女に、休みはありません。
意識がない中でも、生オナホとしてたくさんの男たちに使われていきます。
そんな環境下においても、いつかエルフの里に帰れることを希望に懸命に搾精するための道具として生きる彼女。
そして、気づけば200年の歳月が経ち――

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。