【必見】溺愛ママが息子の友達に寝取られた理由 (もっちもち屋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冴島裕子には、夫との間に授かった一人息子がいる。

そろそろ下の毛が生えてくる年齢になった今でも、裕子と息子・悠斗は一緒にお風呂に入るほどの仲良し。
そのせいか、何をするのもママと一緒がいいというマザコンに成長した息子だが、裕子もまたそんな息子が可愛くて色々とお世話を焼いてしまうのだった。

一方、心配事もあった。
それは、内気な息子が進学先の学校で友達を作れているかどうか……
いくら息子の口から「友達ができた」と言われても、それは母を心配させないための方便じゃないかという不安もあったのだ。

その不安も、息子が初めて我が家に招待した友達・雅樹くんの存在により解消された。
息子と同級生とは、とても思えない体格と性格の●●●。
なんでもゲームという共通の趣味で仲良くなったとか……

息子を溺愛する裕子は少なからず疑ってかかってしまったが、二人の会話を聞いていても、どうやら本当に友達であるらしい。
楽しそうにゲームの話題を話す息子にほっと一息ついたのもつかの間、雅樹くんがスマホ片手に裕子へと忍び寄る。

「おばさん、清楚な見た目してるのにこれはやばいっすよー」

そこに映っているのは、裕子がまだ皮の剥けていない可愛らしいおち○ちんをしゃぶっている画像で……

気が動転しながらもなんとかその画像を消してもらおうとする裕子に、雅樹くんは無遠慮にその爆乳へと手を伸ばす。
抵抗しようとすれば、

「俺は別に悠斗のち〇こが誰にしゃぶられてても気にしませんよ? 俺のダチだしね? でも、学校の他の奴とか女子とかはどうかなぁ……」

ダウンロード zip

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。